免責不許可事由というのは破産申告しようとした人を対象に次のような件にあたるなら借入金の免除を受理しないという線引きを言及したものです。夏型過敏性肺炎 何科 検査

つまり、極端に言えば支払いをすることが全然行えないような状況でもこの免責不許可事由に含まれているならクリアを受理されないようなこともあるということです。スマホ 査定

ですので破産を申し立て免除を勝ち取りたい人にとっての最後のステージが「免責不許可事由」ということになるのです。ゾニサミド 猫 副作用

これは主だった要因を列挙したものです。台東区ポスティング ピザ

※浪費やギャンブルなどで、はなはだしく財産を乱用したり巨額の債務を負担したとき。過払金 計算 

※破産財団に含まれる財産を隠したり、意図的に破壊したり貸方に損失となるように処分したとき。ラメラエッセンスCは妊娠中・授乳中でも使える?添加物は大丈夫?

※破産財団の負担を虚偽のもとに多くしたとき。

※破産宣告の原因を持つのに、そうした債権を持つものに特別の利得を与える意図で担保を渡したり弁済期前に負債を返したとき。

※すでに返済できない状態なのに事実を伏せて債権を持つものをだましてさらにお金を借りたりクレジットカードなどを使用してモノを買った場合。

※虚偽による利権者の名簿を機関に出した場合。

※債務免除の申請の過去7年のあいだに免除を受けていた場合。

※破産法が指定する破産申告者の義務内容に違反した場合。

上記8条件に該当しないことが要件とも言えますが、この8項目だけを見て実際的なパターンを想定するのはある程度の経験の蓄積がない限りハードルが高いのではないでしょうか。

浪費やギャンブル「など」と記載されているので分かるとおりギャンブルというのは例としてのひとつにすぎずこれ以外にも具体的に書いていない内容が山のようにあるんです。

例として書かれていない内容は、個別のパターンを指定していくときりがなくなってしまいケースとして書ききれなくなるようなときや、これまで残されている裁判の判決に基づく事例があるためひとつひとつの場合において事由に当たるのかどうかはこの分野に詳しくない人には判断できないことが多いです。

しかし、まさか自分がこれに該当しているものなどと考えもしなかったような場合でも不許可裁定を一回でも宣告されてしまえば判決が元に戻されることはなく返済の義務が残るだけでなく破産者となる立場を7年間背負い続けることを強要されるのです。

だから、免責不許可による結果にならないために自己破産を選択する際に多少でも難しい点があるときはぜひとも専門の弁護士に連絡を取ってみて欲しいと思います。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.