新聞の広告、スポーツ紙、電柱に張り付けられた宣伝広告やDMなどで「借金の片付けやります」「負債をひとつにしましょう」といった広告を目に入れることがあります。美甘麗茶

それらは、「整頓人」「買取屋」「つなぎ屋」という名称の悪徳業者のおとり広告のケースが存在します。アーセナル

このようなものを依頼した場合は破産申立プロセスの中で一番重要な免責認可を手に入れられなくなる恐れがあります。

「片付け屋」では、チラシなどで借金を抱える人は引き寄せ、費用をもらって整理をしますけれど、現実には債務整理は行われないまま、さらなる負債スパイラルにはまるケースがほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取業」というのは債務人のクレジットカードで、家電製品、券などを限界まで購入させ依頼者から買った商品を購入額の20%ー額面半値で引き取るというやり口が主です。

負債人は短期には現金が手に入りますが、少しすればカード企業経由の買ったものの定額の返済請求が送られて来ることになり、実際のところ借金額をアップさせる結果になります。

このときはカード業者へ詐欺行為とされてしまい免責承認をもらえません。

「つなぎ業者」は貸金から拒絶された借金者に自分では金貸しは全然せずに、提供をしてくれる別な貸し手を教えて、法外な料金を出させる業者です。

紹介者は専門的な紹介で金貸し可能になったというふうに説明しますが、現実には何もしないままただ単にルールの通りやすい会社を知っているというだけなのです。

このケースも債務を拡大させる結果に終わります。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.