現金化を目的に電車等のチケット等を大量に購入してしまう)キャッシュ化サービスというもの利用せずに利用者自身が換金を目的にしてクレジット購入をすることでも同様。ブランドものでクレジット

換金する方法を目的としたクレカの使用というのは、クレジットの契約条項違反扱いとなるためです。マイクレ

たくさんの電車の旅券・切手通販等におけるクレカ利用は、現金化する目的ではないか?というようにマークされる事例などがあるため、細心の注意を要します。

尚、利用時点でキャシング利用可能枠が限度となられてしまっている利用者の場合には列車のチケットを決済しようとするだけであってもクレジットカード会社の担当者から連絡が入るという事例もあるため金欠時のカード支払いは出来なくなると思われます。

懐事情に困った状況でする方法は多くの場合似ているなのだろう。

カード会社の立場からみて芳しくない使い方をすること・・・昔話題に上がった『永久機関』などカードの会社に微塵もメリットとならないようなルールに違反した使用をした場合、カード発行会社側から強制失効となる話さえも存在します。

Webで出ていたカードポイントの不正入手というような世に流通していないやり方などというものが存在したとしてもそのような行為はクレジットの規定に反する行為になるから何があっても行なってしまわないようにしないほうがいいです。

強制失効のデータは他のカード会社も知りうる:カードを没収させられてしまっても他のクレジットに関しては使用可能んだから、1枚くらいであれば心配ない??とか考える人昨今の情報化社会でその思考は命取りになる危険性があります。

そもそも強制没収になるような状態になるとカードの発行会社各社が閲覧出来る信用機関というものへそういった契約情報が記載されるので、登録された人の社会的信用というものは急落することもあるのです。

保有する1枚でもクレカを強制没収させられた場合それ以降クレカでさえも契約しにくくなるし、場合によっては現在契約しているカードを失効となる可能性もあるのです。

強制退会されずに継続利用できる際でも更新と同時に更新不可となると思われます。

とにかくくどいほど書いていますが没収となる使い方は絶対になさることのないようルールに則ってカードをご使用頂きたいと思う。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.