自動車重量税、別名重量税とは、国産車あるいはイタリア車など愛車の国やハッチバック、ワゴン車など車の形状も全て同じでダイハツやジャガー、等にも同じように納付しなくてはいけない税のことをいいます。過払い金請求 弁護士

新車を登録する時あるいは定期的にある車検の時に支払う必要がある税になります。

その納付税額はそれぞれの自動車の大きさにより定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では別の税金ですので、きちんと理解をして勘違いしないようにしましょう。

「自動車重量税はクルマの重量によって」「自動車税は車のリッター数によって」金額が変わります。

それにより、引き取り時の待遇も異なりますので注意しなければなりません。

クルマを売却するときには既に支払った自動車の額がいくらあってもその税額が返還されるようなことはないのです。

一方で、自動車税であれば支払い済みの額を査定額に乗っけてくれるといった場合がありますが重量税の時は上乗せになるという場合はなかなかないといえます。

重量税は、車の処分時に支払い済みの金額が残っているとはいえ中古車の買い取り専門店にてそれが材料になるケースはほとんどないものなのです。

ですので次の支払い、つまるところ車検に出すまで処分を待ち査定に出すという手段が無駄がないでしょう。

中古車買取の時は考慮してもらえない重量税でもあるケースでしたら返ってくることがあります。

その時は車検期間が残存している自動車を廃車にする場合。

要するに廃車申請をした時に残っている期間に応じた額が返金されます。

しかし、引き取り時はそのクルマが廃車されるのとは違うので戻ってきません。

そしてクルマの名義変更をしてしまった時や盗難された場合も返還してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある自動車を売るというのは要するに車検期間が残っている中古車です。

買取側も配慮しますので、重量税の残存期間があれば、少しは査定額が上乗せされるでしょう。

勿論、査定額は買取業者により変わりますが車検の効力が残っている事実が忖度されれば愛車の買取額からみるとあまり割に合わないということもありません。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.