マイカーの買取金額をできるだけ上乗せするものには、車を売る時期、タイミングなども影響してきます。自分から店先へ自分の車を使って見積もりをしなくてもインターネット上で中古車買取店に自動車の買取査定の依頼にだせば直ぐに査定額を提示してくれますが、乗り換えを検討している愛車を少しでも無駄なく乗り換えることを前提とすれば、数点の気を付けるべきことがあるんです。どういったものがあるかというと一番は、走行距離でしょう。一般的に走行距離は、車の耐用年数と見られるケースもありますので、走行距離が長い分だけ査定の際にはマイナス要因となります。どの程度の走行距離で売却するのがよいかというと中古車の買取査定に影響が出るラインは5万キロという説が有力ですからそこを超える前に、見積もりをお願いして売るのが望ましいです。このような事は実際自家用車を中古車買取業者に下取りする時も重視される売却額査定の大切な留意点です。現実にやってみるとよく感じられると思いますが車はある程度乗ることでコンディションを維持することができるので、年式の割に走行距離が少ない中古車であれば故障しやすいとも考えられることもあると思います。年式は新しければ新しいほど査定には有利なのですが稀にですがその年式の車に特別な価値がある車種は昔の年式でもプラス評価で査定されることもあるのです。同一の種類で同じ年式の場合でも、その年にマイナーチェンジやモデルチェンジなどがされているものは当然、それぞれのモデルで査定は違ってきます。十分と理解しているんだというかたが多いだと考えていますが、年式も売却額査定の小さくないポイントになります。