破産の申し立てまでには訴訟といった法に基づく要求は許可されています。そして破産の正式手続きに入ったのち申し立てまでに長い時間があった場合では債権者に訴訟にされる危険が上がります。債権人サイドとしては未納分の支払いもしないまま、自己破産のような法律上のプロセスもされない状況であると組織内部での対処を遂行することができないからです。要は審判によって判定がおりようと自己破産手続きの当人に払う資金はありません。債権人もそういったことは把握の上で、訴訟提起などの強行なやり方で思惑通り和解にし完済させるなり当人の親や一族に返済してもらうことなどを目標にしている際もありえます。西暦2005年1月1日に改正された新しい破産に関する法律では破産手続きをしたら差し押さえといった法律上の要請は実効性がなくなることとなりました。昔の破産法の時とは違い裁判というようなことをしようと無効になると思われるということになり現実的に訴訟行為をやる業者はほぼすべて消えると考えます。そのような意味でも平成17年からに改正されて破産はそれまでと比較して用いやすくなったと思われます。支払督促によるケースですと督促とは司法が債務者に対して残額の返済をしなさいという通知です。スタンダードな訴訟をする流れと違って業者の一方通行な発言を聞くことで行われるためオーソドックスな訴訟のように期間と裁判料がかかりすぎないので債権者がよく用いる司法手段です。督促の手続きがなされると裁判所による通知が送られてくることになりその通知が届いてから2週間が経過した場合債権者は債務人の資本(給与債権を含んで)に関し差押え要求がやれるようになってしまいます。支払督促に対抗して異議の届出を送ることができる場合は一般の訴訟に変化することになると思います。普通な裁判は長丁場になりがちなものですから、免責までには決定が出ない推測が濃厚になることは知っておきたいです。