週刊誌の折込広告、スポーツ新聞、電話ボックスにある宣伝広告や郵便広告などで「債務の合理化いたします」「債務を統合しましょう」という売り言葉を目にすることがありませんか。

このようなものは、「整頓業者」「買取専門人」「つなぎ屋」という名の悪徳業者のだまし広告の場合も存在します。

こういったものを使用したときには破産申請の中で最も重要な免責認定を受けられなくなる危険性もありえます。

「整理人」は宣伝などで負債者を呼び出し高いサービス料をもらって債務整頓をしますけれど、結局は負債整頓は行われないまま、負債人は一層の負債地獄に陥ってしまう結末がほとんどと考えてください。

「買取屋」の場合は当人のローンで、家電、飛行機のチケットなどを多量に仕入れさせ当人から品を値段の1割ー40%で買い直すという手法です。

負債人は一時はキャッシュがもらえますがカード会社による品物の定価の返済請求が送られて来ることになり、実際は負債をアップさせる結果となります。

このケースではクレジットカード企業へ詐欺行為とされて免責をもらえなくなります。

「紹介屋」は、名の知れた貸金業者から断られるようになった借金人へ金貸しは一切せずに、金貸しをする別な業者を教え、すさまじい費用を受け取る悪徳業者です。

紹介屋は自分の努力で金貸しが受けられたかのようにしゃべりますが、何もしていなくて、単純に選考の通りやすいルートを知っているというだけなのです。

このときも結局は負債を増大させる結果となります。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.