民事再生という方法は住宅のためのローンも含む多重債務に困っている方を対象として住宅を維持しつつも金銭管理において再生するための借金整理の手順としてスタートした法律です。キレイモのフリーダイヤル

この法律には、自己破産とは違い免責不許可となる要素はないのでギャンブルなどで債務がふくらんだようなときでもこの方法は問題ないですし、破産申告が理由で業務ができなくなるような業界で仕事をされているような場合でも制度の活用が検討可能です。

破産の場合には、マイホームを手元に残すことは許されませんし、その他の債務処理では、圧縮した元金を支払っていくことが求められますので住宅のローンも払いつつ支払い続けるのは実際には困難だと考えられます。

といっても、民事再生による手続きを採用できれば、住宅ローンなど以外での借金額は相当なものを減額することも可能ですので余裕を持ちながら住宅のローンを支払いつつ他の債務を支払い続けるようなこともできるということなのです。

しかし、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停と異なって一部分の債務だけを省いて処理を行うことは考えられませんし、破産申告の際のように債務そのものが消滅するということでもありません。

くわえて、そのほかの方法と比べて手続きの手順が煩雑で時間もかかりますので住宅ローン等を持っていて住んでいるマンションを維持していきたい状況等以外で、破産申告等といった他の選択肢がない場合における限定された解決方法としておいた方がいいでしょう。

  • Copyright © 2012 www.observatorioindigena.org All Rights Reserved.