自動車重量税、通称重量税というものは、国産メーカーの車やドイツ車など自動車の生産国やエコカー、1BOX車等車の形状も全て同じで、レクサスやフォルクスワーゲン、などでも通常納付しなくてはいけない税です。新車登録の時、または車検に出す時に支払うお金なのです。この税額はその車の車重毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に別の税ですので、しっかり理解して間違えないようにしましょう。「自動車重量税という税金はクルマの大きさによって」「自動車税とはクルマのリッター数によって」その金額が変わります。それにより引き取りする際の待遇も違いますし注意が必要です。車を売却する時には既に納めた税金がどれだけ残っていたとしてもその金額が戻ってくるということはないです。一方で、自動車税であれば支払った税金を査定額に上乗せしてくれるような事例がありますが、重量税については足されるというケースはなかなかないでしょう。重量税については、車を売るときに納付済みの税額が残存しているとはいえ車買い取り店にてそのことが材料になることはまずないものなのです。なので次回の支払いつまるところ車検まで待った上で買い取りをお願いするのがベターです。車買取の際は還付の対象にならない重量税ですが一定の条件の事例でしたら還付される可能性があります。これに当てはまるのは、車検が残存している廃車にする時です。つまり廃車申請をすると残っている期間に応じて重量税が還付されます。ただ車買い取り時はその車が廃車されるわけではないので戻ってきません。それに、手放す車の名義変更をした際や、盗難にあったケースなども還付を受けることはできません。自動車重量税の残っている期間があるクルマを売ることは、車検の効力が残っている自動車ということと同じです。そういったことを買取店も配慮しますから、自動車重量税が残存していればある程度査定額が上がることでしょう。当たり前ですが買取額は業者により違ってきますが、車検の効力がまだある事実を計算に入れてもらえばクルマの買取額からみるとそこまで払い損ということもありません。